• ホーム
  • 海外の中古ドメインが狙い目!その理由とは

海外の中古ドメインが狙い目!その理由とは

SEO対策に有効だったり資産運用ができたりする価値のある中古ドメインを手に入れることは非常に困難です。
特に信頼度が高く優良なドメイン「.jp」を一般の人が入手するのは不可能に近いです。
バックオーダー業者という期限切れドメインを購入して転売する業者同士の間でも、オークションで熾烈な争いを繰り広げていると言われています。

業者に依頼しても入手できるかわからない上に高額なため、海外の中古ドメイン購入も視野に含めるといいかもしれません。
海外ドメインは怪しい印象を抱く人もおり、使うのを躊躇する人も少なくないのですが、反対に海外向けのサイトを作るときはその国に合ったドメインを使う方が当然メリットを得られます。
それに「.jp」がSEOに効果的かと言うとそういうわけでもなく、やはりコンテンツが重要です。

多くのバックオーダー業者は海外ドメインを格安で取り扱っています。
最大のメリットはその料金で、「.jp」よりも安い価格で入手が可能です。
しかもページランク5以上の優良ドメインも豊富です。

ただ、格安な料金やページランクに目を奪われずに、様々な点をチェックする必要があります。
これまでどんなジャンルのサイトに使われてきたかや、バックリンクの内容、数などにも注意しながら選びます。
日本の業者が相手の場合は、言葉に困ることなく取引することが可能です。

海外の業者を利用して中古ドメインを購入してみよう

より格安な料金で海外中古ドメインを取得したい人は、海外のバックオーダー業者に依頼するといいです。
ページランク5以上のドメインでも普通に購入するときよりも半額以下の費用で購入可能です。

格安だと不安になるのが品質ですが、ページランク偽装の有無は無料で使えるSEOチェックツールで調べることができます。

海外中古ドメインは「.com」「.org」「.net」などが中心で、競合相手も業者も外国人になります。
当然サイトも英語ですが、バックオーダーの仕方はさほど複雑ではありませんし、翻訳ツールを使うとより簡単に利用できます。

業者のサイトに載っている中古ドメインは、ページランク以外の点で優良かどうかも調べたいところです。

チェックツールにはWhoisや世界のドメインブラックリストチェック、The Wayback Machine等があるので利用してはいかがでしょうか。
いずれも英語表記ですが、これも翻訳ツールを使えば問題ありません。
ペナルティを課せられていないか、ドメインエイジが古いかなど調べ、また過去のサイトを覗いてみるのも有効です。

それからSEO対策を重視するなら、取得した中古ドメインで使われていたサイトのジャンルに沿った内容にすると効果的です。
サイトの内容が決まっている場合は逆に内容に合うような優良中古ドメインを探します。

中古ドメインを取得するには注意点が色々とありますが、費用を抑えたい場合は非常に有効な手段です。