• ホーム
  • 新規ドメインのSEO的活用方法とその利点

新規ドメインのSEO的活用方法とその利点

パソコンを使っている人

新たなビジネスやプロジェクトを立ち上げる際、新しいウェブサイトを作るために新規ドメインを取得することがありますが、一般的に検索エンジンでの上位表示がしにくいと言われています。
新しいドメインをはじいてしまう「エイジングフィルター」というアルゴリズムによってペナルティを発生させ、検索結果を下位に落としてしまうため、そのペナルティが解除されない限りSEO対策には不向きとされています。
しかし、長期的な視点でビジネスを育てていく上で、新規ドメインの取得のメリットは一からブランド力を構築させる意味合いを込められることです。
ここから検索上位を目指すには、大きく二つのSEO対策を打つ必要があります。

一つ目は既存サイトの力を借りることです。
検索エンジンから評価されている、質のいいサイトからバックリンクを受けると上位表示しやすくなるアルゴリズムを活用します。

二つ目はコンテンツの質を高めることです。
検索エンジンから評価される期間までに、いかにユーザーの役に立つサイトを作り上げるかが鍵となります。
ある期間が過ぎればエイジングフィルターが解除され検索上位に表れやすくなるため、オリジナリティを意識した良質なサイト作りを心がけていきます。
バックリンクを取得しながら着々とコンテンツの精度を高め、新規ドメインのメリットを生かしましょう。

どうやって新規ドメインを取得する?

新規ドメインは、ドメインを提供している業者から取得する方法があり、ムームードメインや、Xサーバーといったサイトが有名です。
新規ドメインを取得したい場合、最初に決めることはドメインの名前です。
新たなビジネスやプロジェクトのウェブサイトを作成する場合、プロジェクトそのものの名前や関連する言葉などいくつかドメイン名の候補を決めておきます。
候補名を検索し、まだ使われていなければ先着順で取ることができます。
ドメイン名の認知度によってSEO対策が変わる場合があり、一度ドメイン名を決めると変更が困難なため慎重に選びましょう。

次に決めることはドメインの設定です。
個人情報である「WHOIS情報」の中身を公開していいかどうかを決め、ネームサーバー情報を指定します。
ネームサーバーとはインターネットを通信する時に、先ほど決めたドメイン名とIPアドレスを紐付けして名前解決を実行するサーバーであり、DNSサーバーとも呼ばれるので覚えておきましょう。

最後にドメイン取得維持の期間と費用を決めます。
期間は1年契約のものが多いですが、最長で10年のものもあります。
費用は「.com」や「.jp」などのトップレベルドメインの名前毎に違いがあるため、活動規模や予算に合わせて選ぶことが大切です。

以上の方法で新規ドメインを取得し、SEO対策のための良質なコンテンツ作りを心がけましょう。