• ホーム
  • 中古ドメインを利用してサテライトサイトを作ろう

中古ドメインを利用してサテライトサイトを作ろう

サイトは、更新頻度が高めでかつ運営期間が長ければ長いほど評価されます。
もし、こまめに更新するなどSEO対策を施しサイトを充実させても、検索エンジンに気付いてもらえない‥という悩みがある方は、中古ドメインを利用してみてはいかがでしょうか。

中古ドメインは運営期間が引き継がれるメリットがあります。
最初から検索エンジンの評価をある程度得ているわけですから、高いSEO効果が見込めます。
また、入手した中古ドメインがバックリンクを多く保持していた場合、やはりサイト評価に繋がります。

自分のサイトに対して、他のサイトからリンクが貼られると、評価されている証拠ですし閲覧者が増えるメリットがあります。
そして検索エンジンもバックリンク数を重要視しています。

メインのサイトに、バックリンクを与える目的を持ったサイトをサテライトサイトと言います。
このとき、メインのサイトとサテライトサイトのドメインが違っていれば、運営者が同じ人でもWeb上では別サイトとして扱われます。
別サイトとして認識されるわけですから、サテライトサイトからメインサイトへリンクを貼っても問題ありません。

SEO対策の一つとして、評価が高いサイトからリンクが貼られていることは理想ですが、中古ドメインで評価を得ているサテライトサイトであれば、有利にスタートできるでしょう。
中古ドメインの魅力はこういったところにあります。

中古ドメインはSEO対策に高い効果を発揮しますが、デメリットもあります。
それは価格が高めなことと、前の運営者がペナルティを受けていたらそれも引き継いでしまうことです。

このように、中古ドメインに当たり外れがあるという点では博打要素があるため、ここもデメリットと言えるでしょう。

バックリンク対策に中古ドメインを使おう

バックリンクとは、外部のサイトから自分のサイトにリンクが貼られている状態のことを意味します。

自分のサイトを上位にあげるためにバックリンク数を稼ぐことはとても重要です。
検索表示でサイトを上位に表示させるためにも、バックリンク数は無視できません。

サテライトサイトを作って、バックリンク数を稼ぐことは王道のやり方といえます。
しかし大量生産すれば良いというわけではありません。

内容の伴っていないサテライトサイトを量産しバックリンク数を稼ぐと、スパム行為とみなされる場合があります。
サテライトサイトも誠実に作り内容を充実させることが大切です。

サテライトサイトを作る際は、メインと同じテーマを扱うことを推奨します。
相互リンクしているサイト同士が同じテーマを扱っていると、それも検索エンジンから評価されるからです。

検索表示されやすいように、関連キーワードを自然に両サイトに散りばめることもポイント。
露骨に挿入するとスパム扱いされるので不自然なことはせず、あくまで自然に行うことが大切です。

サイト内を自由に行き来できるリンク構造を築くことも忘れてはなりません。
目次から次のページへ移動するリンクはあるのに、トップページへ戻るリンクが無いなど、自由度が低いと検索エンジンから評価されません。
サイトの内部リンク構造は軽視されがちですが、内部SEO対策もしっかりと施すことで、全体のSEO対策にも繋がります。
閲覧者が快適に感じるサイトは、検索エンジンも評価してくれると言っても過言ではありません。

サテライトサイトが完成したら、中古ドメインを取得し利用してみましょう。
中古ドメインの持つ効果は先述したように、運営期間が引き継がれることと、予め一定の評価を得ていることです。

メインとサテライトサイトを別のサイトとして扱ってもらうためにも、中古ドメインの取得は効果的です。