• ホーム
  • バックリンクは今でもSEO上の効果はあるのか?

バックリンクは今でもSEO上の効果はあるのか?

SEO対策というと、近年ではコンテンツの充実や内部対策の重要性にスポットが当たるようになり、バックリンクの価値は低くなったとの声もあります。
もちろん、ページの内容や文字数も重要であることに違いありませんが、外部対策であるバックリンクも検索表示の順位に今現在でも効果があります。
Googleの検索エンジンはコンテンツの良し悪しを人間のようには理解することができません。
その点、利用者から見て価値あるコンテンツには多数のリンクが貼られるという考えに基づき、バックリンクは検索表示の順位評価に今でも重要視されています。

ただし、バックリンクには利用者によって引用や紹介を目的に自然に貼られた良いバックリンクと、金銭などの対価を支払って獲得したリンクや、リンクを貼ることのみが目的のページからのリンクなど悪いバックリンクが存在します。
以前はこうした悪いバックリンクでも検索順位の上昇に効果がある時期がありましたが、Googleの検索エンジン側の悪質なリンクを見分ける能力が向上し、ペナルティとみなされるようになりました。
これは2012年以降数度にわたっておこなわれたペンギン・アップデートと呼ばれる検索エンジンのアップデートで、悪いバックリンクの抽出と判断の精度が向上したことによるものです。
ペンギン・アップデート以降もアップデートは継続的に実施され、今現在では恣意的なリンクは非常にリスクの高い行為であり、SEO対策の手段としては淘汰されてきています。

行き過ぎたバックリンク対策はペナルティを受ける

前述したとおり、Googleでは2012年のペンギン・アップデート以降、検索表示の順位上昇だけを目的とした過剰なバックリンク対策はペナルティとみなされるようになりました。
過剰なバックリンク対策には、相互リンクのみを目的としたコンテンツとして質の低いリンク集のページからのリンクが挙げられます。
このリンク集のページは、Googleの品質に関するガイドラインに抵触する悪質なスパム(やってはいけないテクニック行為)の一種となるため、注意が必要です。
このような質の低いコンテンツのページからリンクを受けた場合、SEO対策として検索表示の順位上昇の効果が期待できないだけでなくサイト自体の価値も下がり、Googleからペナルティを受ける可能性が高まります。

もしこういったリンク集などからのリンクが原因でGoogleよりペナルティを受けてしまった場合、相互リンクの削除やリンクの否認などをして、サイトのコンテンツとリンクの改善を図ることが必要となります。
ただし繰り返しにはなりますが、サイト同士を相互にリンクでつなぐこと自体は、自然なリンク含めた良いバックリンクもあるため問題ではありません。
相互にリンクし合うということがGoogleから否定されているのではなく、あくまで利用者にとっての利便性を度外視した過剰な相互リンクの濫用が否定されている、ということを理解しましょう。