• ホーム
  • ドメインパワーはどうやって決まるのか?

ドメインパワーはどうやって決まるのか?

パソコンを使用する人

Googleなどの検索エンジンで上位に出現させ、集客力を高めるにはドメインパワーが高いことが重要です。
ドメインパワーは検索エンジンからの信頼度を示しており、大きく分けて五つの決定要素が存在します。

1.コンテンツの質
検索エンジンはユーザーがメリットをより享受するサイトを評価するため、「情報が良質で文字数が少なすぎない、ユーザーのニーズに答えている、オリジナルティが高い」といった要素を持つことが大切です。
2.コンテンツの量
集客力が高いサイトは必然的に量も膨大になり、ドメイン年齢も高まります。
記事形式のコンテンツであればオリジナルティを意識して記事数を増やし、文章主体であれば文字数を増やすことがドメイン強化につながります。
3.最適な内部リンクの配置
記事数を増やし、自サイトのページから別のページにリンクを貼れば内部リンクが完成します。
効果的にリンクを貼ることでサイト訪問者の直帰率が減少するためドメインパワーの向上に寄与します。
4.良質で関連性の高いサイトからのバックリンク
ドメインパワーやドメイン年齢の高いサイトから受けるリンク数が増えるとサイトの価値が上昇します。
5.更新頻度
検索エンジンは、更新頻度が高いサイトをよりクロールする傾向にあるため、記事をアップし続けることで最新状態を検索エンジンにより早く載せることができます。

要素の一つであるドメイン年齢を調べてみよう

ドメイン年齢とは、サイトに割り当てられたドメインを取得した後、Googleなどの検索エンジンにはじめて出現した日を起点にどれぐらいの年数が経ったかを指す言葉で、サイト運営に影響を及ぼす間接的な要素の一つと言われています。
ドメインパワーの高さは直接的にはサイト自体のコンテンツの質が重要ですが、古いドメインには過去使っていたサイトからのバックリンク効果があるため、ドメイン年齢を上手に活用することでSEO効果が高まり検索順位の上位出現に貢献できます。
ドメインが検索エンジンに信頼されるには最低2年かかると言われていますが、信頼を受けることでドメインパワーが上昇しサイトの評価も高くなります。

年数を調べるツールとして「IP分散及びドメイン年齢チェックツール」を活用することができ、バックリンク元サイトのIPアドレスを分散させる度合いを示す「IP分散率」やサイト全体の「平均ドメイン年齢」などの要素を調べることができます。
中古ドメインを代表とした古いドメインは、SEOに活用できるため利用価値があり、サイトの運営で利益を上げていくにはドメインパワーを高めていくことが重要です。
コンテンツの質を上げることを最優先に、更新頻度を高めつつサイトを長く運営しながらコンテンツの量を増やし、内部リンクやバックリンク対策を講じていきましょう。